スクワットをしたいなら奈良のTMK GYMでトレーニングがオススメです
スクワットで筋量UP
スクワットで鍛えられる筋肉
スクワットのやり方・コツ
スクワットの重量・回数・セット数

スクワットで筋量UP

スクワットはしんどくて辛い種目です。スクワットを敬遠しているトレーニーも多いのではないでしょうか?スクワットは脚の筋肉量を増やすだけでなく全身の筋肉量を増やすのにも効果的です。

 

なぜ全身の筋肉量を増やすのにスクワットが効果的なのか。それは、自力の大幅な強化、心肺機能の強化やメンタルの強化が見込まれるからです。自力の強化は脚だけでなく全体の重量を伸ばしてくれることを助けます。心肺機能の強化によって他の種目でもできる回数が伸びたりします。メンタルの強化は後1回できるかどうかというときにしっかりと追い込むことができます。

 

スクワットは全てのトレーニングにつながっている重要な種目です。敬遠しがちで辛い種目ですがしっかりと行い全てのトレーニングに活かしましょう。

スクワットで意識したいポイント

スクワット

スクワットで鍛えられる筋肉

スクワットは脚の様々な筋肉を鍛えることができます。

 

①大腿四頭筋

→大腿四頭筋は太ももの前側の筋肉です。

 

②ハムストリングス

→太ももの裏側の筋肉です。

 

③大臀筋群

→お尻周りの筋肉です。

 

④下腿三頭筋

→ふくらはぎの筋肉です。

 

⑤腹筋群

→腹筋周りの筋肉です。

 

⑥脊柱起立筋群

→腰回りの筋肉です。

 

スクワットは脚だけでなく様々な筋肉を鍛えることができます。しっかりとスクワットをして全身を鍛えましょう。

スクワット

スクワットのやり方・コツ

スクワットには注意しておきたいやり方やコツがあります。

 

①ラックの高さ

→高すぎると最後にラックに置く際に大変です。少し低めに設定して、しっかりと背中にバーが乗っていることを確認してから挙げましょう。膝が曲がっている状態から伸ばすだけで良いくらいの高さにしましょう。

 

②手幅

→手幅は狭いほど背中と手でバーを挟み込めて安定します。手の柔軟性によって狭さは変わりますので手首が痛くない範囲で狭くしましょう。

 

③脚幅

→脚幅は股関節から動かして楽にしゃがめる脚幅がオススメです。足首の堅さで脚幅が変わります。しゃがんだときにかかとが浮かない脚幅にしましょう。

 

④目線

→目線を下げると腰が丸まりやすくなり、腰を痛めます。目線は正面か斜め上くらいにしましょう。

 

⑤腹圧

→腹圧とは腹筋周りの筋肉を固くすることです。これはしっかりと息を吸い込みみぞおちあたりに落とし込みそれをキープするイメージでやるとうまくいきます。

スクワット

スクワットの重量・回数・セット数

スクワットがしっかりとできるようになるにはしっかりと下地作りが必要です。

 

①重量

初心者→10回できる重さ。

上級者・中級者→1回~3回、8回~12回、15回~20回できる重さを混ぜておこなう。

 

②回数

初心者→10回をしっかりとおこない下地を作る。

上級者・中級者→重量を扱える筋肉(1回~3回)、筋肥大(8回~12回)、筋持久力(15回~20回)をおこない脚全体に刺激を与える。

 

③セット数

初心者→3セット~5セット

上級者・中級者→1回~3回は1セット~2セット、8回~12回は3セット~5セット、15回~20回は1セット~3セット

ACCESS

TMK GYMでは駐車場と駐輪場を完備しています

奈良にあるジム・TMK GYMは駐車場と駐輪場を完備しておりますので、会員様のご都合の良い方法でご利用いただけます。会員様の目線に立ったサービスを大切にし、充実した時間を過ごしていただけるよう誠心誠意サポートしてまいりますので、ジムをお探しでしたらぜひ一度ご検討ください。
TMK GYM写真
店舗名 TMK GYM
住所 奈良県奈良市大森西町21-26
電話番号 080-9606-5019
営業時間 10:00~24:00
土・日・祝9:00~22:00
定休日 金曜日
最寄駅 奈良駅より車6分
お気軽にお電話ください
080-9606-5019 080-9606-5019
10:00~24:00
土・日・祝9:00~22:00
奈良県奈良市大森西町21-26

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。